シンリーボーテ フェノキシエタノール

MENU

シンリーボーテに使われる防腐剤※フェノキシエタノール※の安全性

フェノキシエタノールは防腐剤の一つ。
防腐剤と聞けばパラベンをイメージする人もいると思います。

 

フェノキシエタノールもパラベンも役割としては商品の劣化を防ぐこと。

 

しかしフェノキシエタノールはより安全性に優れなおかつ配合量も少なくして防腐作用があることが特徴の成分になります。

 

そもそも天然成分である玉露をはじめとした緑茶などから抽出されているのがフェノキシエタノールなので安全性が高いのはイメージしやすいと思います。

 

もちろんフェノキシエタノールが毒性が全くない!と言い切れるわけではありません。
しかし年々配合量を少なくしても商品劣化を防ぐことができるように進化しています。

 

なのでフェノキシエタノールが配合された商品を使用しても敏感肌だったとしても肌トラブルを起こしてしまう可能性は低いと考えられるようになっています。

 

どんな商品でもそうですがもちろんシンリーボーテも一度開封してしまうとジェル内に空気が触れます。

 

また何度も使用するたびに菌などの侵入回数も増えますのでそれだけ菌の繁殖も起こりえます。

 

当然ですが菌が繁殖してしまうことは商品の劣化を意味します。

 

食べ物でも腐ったものは食べれないようにシンリーボーテのような化粧品でも腐ってしまうと肌に塗ると危険性がでてきます。

 

そのため劣化を防ぐために防腐剤を使用するのが必要になっています。

 

カビや変な臭いがするようになったクレンジングジェルなんて誰も使いたくないですよね。
化粧品の品質維持のためにフェノキシエタノールは配合されています。

 

防腐剤は危険という考えを持つ人も多いと思いますが防腐剤が入っていないスキンケア商品のほうが怖いんですよ。

 

フェノキシエタノールを使っているシンリーボーテクレンジング泡ジェルは安心して使えるといえるでしょう。

 

■関連記事 シンリーボーテうるおいクレンジング泡ジェルを使ってみた口コミ体験